少額でも借りられる

財布消費者金融というと、10万20万という単位でお金を借りなければいけないようなイメージを持っていませんか。消費者金融での借り入れ限度額は、申込者の希望と審査を考慮して決められます。借り入れ限度額は、あくまでもこの金額まで借りられるという上限額です。上限いっぱいまでお金を借りなくても、ご祝儀に必要な金額分だけを借りれば、少額の消費者金融利用で済ませられます。消費者金融に申し込みをすると、多額のお金を借りさせられてしまうのではないかという心配は無用です。

借り入れ方によっては、限度額いっぱいまでお金を借りてしまうこともあります。例えば、金融機関の口座に振り込みをしてもらうときなどは、希望額よりも多い限度額が設定されて限度額いっぱいの金額が振り込まれる可能性があるのです。そのようなときは、無駄に使ってしまわないうちに消費者金融のATMなどで返済をすれば安心です。契約後に自分でATMからお金を引き出す方法では、必要なご祝儀分のみに止めることができます。お金があると使ってしまうという方は、この方法で契約をするのもおすすめです。ご祝儀に使用した借り入れ分を早めに返済すれば、利息が高くなる心配もありません。